グラップラー刃牙 × 佐賀県

日本有数のディープな県「佐賀県」にディープなヤツらが集結ッッ!

シンクロニシティ 一見無関係に 隔絶された 物質や生物 果ては思想が 地球規模で 同時 同様の変化を起こす現象 今… 日本でも有数のディープな県 「佐賀県」に 『グラップラー刃牙』シリーズで 有数のディープなヤツらが 集結まったッッ!

「バキ×佐賀」とは!?

格闘漫画の金字塔『グラップラー刃牙』シリーズと「佐賀県」が奇跡のコラボレーションを実現したプロモーションサイト。『刃牙』ワールドからやってきたディープなヤツらが佐賀の8つの魅力を実証するッッ!

これが佐賀県の魅力ダァッ!
まるで鬼の形相のような……有明海の珍魚

ええ。ワラスボです。エイリアンを彷彿とさせる顔ですよ。当然、珍魚の噂は耳にはしてました。干潟のムツゴロウとかね。しかし見ると聞くではねェ……。鬼気迫るっていうか……。しかも食べたら味もウマいっていうんだから……。チョット憧れちゃいますね、男として……。それが有明海なんですねェ……。

今日は飲むにはいい日だ――佐賀の日本酒

佐賀県産の日本酒はきわめて品質が高いらしく、全国から取り寄せて愛飲する人がいるくらいです。特に「鍋島 大吟醸」はロンドンで開催された「インターナショナル・ワイン・チャレンジ (IWC) 2011」で、日本酒部門の最優秀賞を獲ったほどの実力。それにしても日本酒に佐賀藩を治めていた鍋島家の名を使うとは、超人的な郷土愛というほかはない。

護身完成ってか……虹の松原

唐津藩初代藩主の寺沢広高が、防風・防砂林として植林したのが始まりとされる、唐津湾沿岸に広がる松の群れ。幅約1km、全長約4.5kmにわたって立つ約100万本の松たちのコンビネーションを見たものはみな圧倒される。何故か……?「カンタンなこと…。100万本の松を見ることに慣れてないからです」

モニュ…モニュ…呼子のイカ

…………(佐賀県では、ケンサキイカ、ヤリイカ、アオリイカ、コウイカなど様々な種類のイカが1年を通して水揚げされている。中でも刀剣の先端の如きケンサキイカは、甘みが強く歯ごたえも良く、刺身や煮付け、シュウマイにすると美味)。

調子こかせてもらうぜ!The SAGA Continues...
佐賀県というものは、それはそれは膨大な学問でございます。特に、明治維新において活躍した佐賀藩を牽引した第10代藩主、鍋島直正の類まれな偉業と人材育成のノウハウを全て身につけるとなると、それはそれは……とてもとても……

この動画でございますか? KEN THE 390、KOHEI JAPAN、DEJI、そしてK DUB SHINEという、いずれも佐賀藩にゆかりのあるラッパーが佐賀藩の歴史をラップで歌い上げたMVでございます。明治維新からおよそ150年の時間は、このようなとんでもないものを造りだしてしまったのでございます――

強くなりたくば喰らえっ!佐賀牛

あ……? 「牛技肉格付により、肉質等級5と4、BMS7以上の肉質のものだけが「佐賀牛®」と呼ばれ、この基準の高さは全国の銘柄牛の中でもトップクラスです」…? 「佐賀牛は『艶さし』と呼ばれるキメの細かな美しい霜降りが特徴です」……? ウチの総長ならきっとこう言うぜ。「牛肉なんてカンタンなもんよ。牛肉を喰えばいいんだからよ……!」

俺が入らねばならぬ 佐賀の温泉

佐賀県は温泉が名物で、嬉野温泉は『日本三大美肌の湯』 と呼ばれている。ナトリウムを多く含む重曹泉で、湯上りはツルツルの肌に。また、武雄温泉は宮本武蔵も湯治に訪れたと言われている。オフィシャルな記録はないが………。

大きいのだから、器が…佐賀のやきもの

佐賀県は日本の磁器のふるさと。特に伊万里・有田焼は現代でも進化したやきものの美しさを楽しめる。他にも佐賀県には素朴な美しさが魅力な唐津焼など、伝統の重みを抱えながらもそれに縛られない「アンチェイン」な美がそこにある。君は…ッッ。美しいッッ!!

県民に生まれたものなら 誰もが夢見る「最強の県」――
しかし 単純な力では 計測れぬディープな魅力が
ここには存在する!
競うな!!持ち味を生かせッッ!!!
佐賀県に行ったらどうなってしまうんだ!?
グラップラー刃牙とは

週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて、1991年より連載を開始した格闘漫画。地下闘技場の最年少高校生チャンピオン範馬刃牙と、刃牙の父で地上最強の生物と言われる範馬勇次郎の親子喧嘩を中心とし、様々な格闘家との闘いが織りなす格闘漫画の金字塔。第1部「グラップラー刃牙」、第2部「バキ」、第3部「範馬刃牙」、そして最新シリーズである第4部「刃牙道」では、クローン技術にて蘇った最強の祖・宮本武蔵との死闘が描かれる。全4シリーズに渡る。

刃牙シリーズ25周年特設サイト
たった一度の旅行で蚊トンボを獅子に変える 佐賀県とはそういう処だ
KEN THE 390、KOHEI JAPAN、DEJI、K DUB SHINE
×
幕末維新期における佐賀藩の歴史

歴史に造詣の深い4人のHIPHOPアーティストがテーマとするのは「幕末維新期の佐賀藩と第10代藩主 鍋島直正(閑叟)」。「薩長土肥」の一角をなす「肥前=佐賀藩」として、当時の日本国内において絶対的なプレゼンスを獲得していた佐賀藩と閑叟の功績を、ラップでマイクリレー。